知事が女子大生と出会ったハッピーメール | フックの恋愛フィロソフィー
キャンペーンコードで2,149円割引になります
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結びのキャンペーンコードと体験談

知事が女子大生と出会ったハッピーメール

米山隆一新潟県知事が恋愛コミュニティ「ハッピーメール」を使って、
女子大生と出会っていたと週刊文春デジタルが報道しました。
(2018年4月18日付け)

(参考)ハッピーメールとは

以下、文春オンラインの報道内容の一部です。

米山隆一新潟県知事(50)が出会い系サイトを利用し、
複数の女性といわゆる援助交際の関係にあったことがわかった。

「週刊文春」の取材に対し、女性の1人・A子さん(22)は、
米山氏から1回あたり3万円を受け取っていたことを証言。

月に一度ほど会う関係だったことを明かした。
女性は名門私立大学の学生だった。

「彼とは出会い系サイト『ハッピーメール』を通じて知り合いました。
もちろん、最初からお互い援助交際が目的。
彼はお金を持っていそうな雰囲気だったし、
『こういうこと(援助交際)に慣れているんだろうな』と感じました」
(A子さん)

米山氏は「週刊文春」の取材に対し、
A子さんも含めた複数の女性との援助交際について、事実関係を認めた。

米山知事は独身ですので法律上のポイントは「交際中」かどうかだと思います。

あくまでも交際中の女性にお金を渡しただけと主張していますが、
女性の主張とは食い違いが生じています。

もし交際していなければ「売春防止法」に当たると思います。

売春防止法
(定義)第二条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、
不特定の相手方と性交することをいう。

(売春の禁止)第三条
何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

相手の女性は18歳以上ですので罪にはならない可能性がありますが、
県知事という立場上、今後辞職の可能性もあると思います。

ハッピーメール自体は運営20年以上・会員数は1,500万人以上で、
日本最大級の恋愛コミュニティとしての実績があるので、

こういった報道によって真剣に恋活・婚活をしている会員や、
これから利用しようと思っていた人への悪影響は残念に感じました。


▽マッチングアプリの体験レポートです▽
利用者数No1のマッチングアプリ
ペアーズ(8名会えた)

メンタリストDaiGo監修で遺伝子レベルの相性
withアプリ(彼女ができました)

婚活成功保証付き・業界初のデート調整代行
ゼクシィ縁結び(19名会えた)

毎日25,000組がマッチング中
Omiai(13名会えた)

初月0円キャンペーン中(ミクシィグループ)
ユーブライド(彼女ができました)

出会い率88.9%でメール返信率79.6%


サブコンテンツ

プロフィール

30代前半の独身男性です。
最長の交際期間は6年間です。

 

今はマッチングアプリ「with」で出会った27歳の女性とお付き合いしています。

 

同じく「ユーブライド」でも彼女ができたことがあります。

 

マッチングアプリ以外にも婚活パーティーでリアルな出会いを作ってきました。

 

体験レポートや女性に対して思ってきたことを書いています。

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

イオンの無料2分恋愛診断

結婚仲介所

初月無料の限定キャンペーン中

このページの先頭へ